猫の偏食にたびたび困ってました

ウチの猫はフードの好き嫌いが激しくて、これまでもときどき苦労してきました。

 

というのも、飼いはじめた最初の頃に、私も新卒だったのもありお金に余裕がなくて安いフードばかりあげていたというのもあります。

 

その頃は近くのディスカウントストアで最安値のよくわからないフードを買っていました。

 

猫の偏食対策に知ってよかったフードの選び方

 

安い代わりに、表面に強い風味を立たせる粉?がついていたみたいで、慣れてしまって健康志向のフードでは物足りないのかにおいだけ確認して食べようとしなくなってしまったのです。。

 

こうなるともう偏食と言ってもいい感じですよね、、缶詰のウェットフードには食いつくのですが、どうも缶詰ばかりだと栄養が偏るみたいで心配です。

 

また、缶詰でもツナは食べますがテリーヌっぽいのは全く食べてくれません。療養食系はどうしても魚の身ではなくテリーヌ系になっちゃうので今後が不安です。

 

偏食対策は子猫の頃も大事で、最初にカリカリしかあげてないとウェットフード自体を食べなくなってしまうとかもあるみたいです。

 

うちの子の場合はジャンクフード専門になってしまった感じでしょうか・・

 

やっぱり長生きしてもらいたい!

そこで、もう高齢になる猫を飼っている友達のフード事情を聞いてみると、やっぱり健康に良いプレミアムキャットフードを食べているとのことでした。

 

そんなプレミアムキャットフードの中には偏食気味の猫でも食いつきの良いものがあるらしいのです。

 

ウチの子もできれば友達の猫と同じぐらい健康で長生きしてもらいたい!

 

そう思って栄養がしっかりしてて、ジャンクフード(?)に負けないぐらい食いつきの良いものを探し始めました。

 

まず味だけで言うと、シーバの中にチーズが入った四角いシリーズとか、いろいろ試しているうちにいくつか食いつきの良いものが見つかりました。

 

でも、栄養の事を気にし始めると、やっぱり友達の言ってたプレミアムキャットフードが良いのかなと思うようになりました。

 

多少値段は高くなるけど、猫が病気になったときの治療費や辛さを考えたら、安いものかなと思います。

 

 

猫の偏食対策にはプレミアムキャットフード

プレミアムキャットフードというのは普通よりもプレミアム=高級な食材を使ったフードです。

 

人間が食べる部位の良質な肉や穀物を原料にしている特徴があります。

 

人工の香料も使ってませんがチキンやサーモンなどの香りを強く感じる事ができます。

 

栄養もしっかり採れて、喜んで食いついてくれたらいいですもんね。

 

プレミアムキャットフードはこんな人におすすめ

・猫の偏食を矯正したい人
・子猫の時期から慣れさせたかったが成猫になってしまい難しいと感じている人
・将来的に高栄養で高吸収のフードを食べてほしい人。
・一般食のウェットフードが栄養の偏りが気になる人。

 

偏食気味の猫ちゃんでも、とびきり喜ぶ贅沢レシピを採用しているという特徴のプレミアムキャットフードです。

 

食材はヒューマングレードのものから厳選され、新鮮で安心な食材にこだわっています。

 

新鮮なチキンや鴨肉、サーモン、マスをたっぷりと使った動物性タンパク質が80%以上で高タンパクのリッチな食事。

 

スーパーフードとして注目を集めるマルベリーや朝鮮人参を贅沢に配合し、穀物を一切使用しないグレンフリーのレシピで体への優しさに配慮。

 

定期コースは最大20%OFF(一回あたりの購入合計金額によって%はかわる)の特別優待価格で購入できます。
また通常購入(単品都度購入)も1.5kg4280円できます。

 

税抜10000円以上の購入で送料無料。
税抜10000円以上で代引き手数料無料。

 

口コミは?

気になる口コミは以下のような声が多いです。

 

  • 初めて食べさた時から勢いが良かったです。良質で新鮮な食材を厳選し安全に作られているので成猫になるまで使い続けたいと思います。
  • 人と同じで、猫にも体に良い物を与えたいと思っています。
  • ジャガーは食いつきがよく、あっという間になくなってしまいました。しばらく続けていたところ、見た目の美しさが維持されていると実感しました。
  • 食いつきが良くガツガツ食べて吐いてしまわないか心配でしたが、ジャガーは大丈夫でした。

 

 

 

猫の偏食対策、獣医さんにもアドバイスをもらいました

いつもワクチンでお世話になっているペットクリニックの先生にも、ウチの猫の食事について相談してきました。

 

まずやはり幾ら食いつきガ良くても今食べてる安いフードはあまりよろしくないとの事でした。まぁ、そうだろうなとは思ってましたが・・・

 

最近太り気味なのもたぶんこのフードが原因で、このまま続けると健康にもよくないということでした。

 

それで獣医さんがおすすめしているロイヤルカナンのフードのサンプルを何種類かいただきました。

 

帰ってからためしにあげてみたのですが、やっぱり缶詰はテリーヌっぽい感じのやつで、ひと口も食べてくれませんでした((+_+))

 

カリカリの方はごく少量だけ・・・

 

将来的になにかしら病気になったときにはこうした療養食にも頼ることがあると思うので、今からなれて欲しいと思い、先生に食いつきが悪いときの対策を聞いてきました。

 

少し温める

熱いのが食べれない人の事を猫舌と言うぐらいなので、本当に熱くしたらダメなのですが、冷蔵庫で冷えたままのフードよりは人肌ぐらいに温めたほうがよいそうです。

 

ただ、テリーヌ系自体が苦手意識があるみたいで、少し温めても全く食べてくれませんでした・・・

 

ふやかす

カリカリの方は、少し水でふやかしてあげたらどうですか?教えてもらいました。

 

アドバイスの通りやってみたのですが、逆に今度は一口もたべてくれませんでした(-_-;)

 

お気に入りのフードと混ぜる

これは食べてくれました!

 

特にお気に入りのジャンク系フードと混ぜると、お気に入りだけを食べようとするのですが、避けきれずに(笑)そこそこの量を一緒に食べてくれました。

 

 

偏食気味の猫にはプレミアムフードがおすすめ

 

成猫になると偏食対策は難しいと感じている飼い主さんも多いかと思います。

 

私がいくつか試してきたプレミアムキャットフードなら偏食気味の猫でもわりと喜んでくれますし、健康面も格安のジャンク系フードよりは安心できると思っています。

 

友人の猫みたいに長生きしてくれるかな?

 

一緒に頑張りましょう♪

 

TOPへ